試聴する

舞妓はん

この曲の表示回数 38,376
歌手:

橋幸夫


作詞:

佐伯孝夫


作曲:

吉田正


花のかんざし 重たげに
きいておくれやすかと 舞妓はゆうた
お座敷帰りの 祇園町
きけばかなしい 物語
京はおぼろ夜 涙月
加茂の流れも 泣いていた

踊り上手で 年頃も
丁度同じぐらいで 似ていたそうな
命とちかった 恋一つ
抱いてお墓に ねむるそな
都おどりの 初舞台
母のつもりで 踊るとか

桜がくれに 清水の
別れ道で舞扇 あの妓はくれた
二人のこの恋 いつまでと
思や気になる ことばかり
あすは参ろか その墓へ
恋の花咲け 京の春
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:舞妓はん 歌手:橋幸夫

橋幸夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-12-16
商品番号:VICL-61843
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP