試聴する

真夏の夜のユメ

この曲の表示回数 51,553
歌手:


作詞:

スガシカオ


作曲:

スガシカオ


ぼくは孤独でウソつき
いつもユメばかり見てる
君は気づいてないふり
だけど それでも抱きしめるんだ

まるで吸血鬼みたいに 君のやさしさを
吸い尽くしてしまう気がするんだ

ひとつ 終わらない悲しみが ぼくらを包み込んだら
抱き合って 朝を待とう
いつか なおらない傷跡も ぼくら許せるのかな
あの頃と かわらない笑顔で…

真夜中 ぼくは夢をみて
ひどくうなされて目をさました
真夏の夜の暗い夢
窓の外に果てしないヤミ

鏡の中にうつった 憎しみと嫉妬
愛と欲望と ぬくもりと

そして ゆっくり目をとじたら 君がまぶたに浮かんで
振り向いて 消えてしまうよ
もし 約束のあの場所に たどり着けないとしても
君の手を ぼくは はなさないだろう…

君がやさしく笑った 遠い世界の出来事みたいに
ぼくは孤独でウソつき いつもユメばかり見てる
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:真夏の夜のユメ 歌手:スガシカオ

スガシカオの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-06-21
商品番号:AUCK-19015
BMG JAPAN

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP