試聴する

天使達の歌

この曲の表示回数 17,860
歌手:


作詞:

坂本サトル


作曲:

坂本サトル


西の空にまだ 星が残る冬の朝
凛として乾いた空気を 深く吸い込んで
さあ行くんだ 旅は始まったばかり

歩いても 走っても
休んでも ときどき戻ってもいいから
遠回りしても 迷っても
けがれても
汚してしまってもいいから

どうかその旅を やめないで ah…

荷物はバッグ1つだけ
大事なものは全部君の中
いつだって取り出せる
どこでも どこにでも連れていく

道は険しいけれども
これから出会う人々や
春を待つ道端の草や花
氷の下で流れる川
そして やがて広がる街明かりでさえもが
疲れた君を 癒してくれるだろう

激励の歓声も 心ない言葉も
上手く聞き流して
笑われても 涙こぼれても
大切な人が 君の元を去っても
君が決めた事 誇りに思って

いつか君が
誰もいないゴールで
その旅を 静かに終える日が来ても
耳を澄ませば 聞こえるはず
空から降り注ぐ祝福の喝采と
君を包み込む天使達の歌
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:天使達の歌 歌手:坂本サトル

坂本サトルの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-05-21
商品番号:COCA-50109
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP