試聴する

夢路

この曲の表示回数 30,145
歌手:

Cocco


作詞:

こっこ


作曲:

こっこ


なだらかに なだらかに
道は続いた

ゆるやかに ゆるやかに
季節は流れた

山鳴りを誘い
トンボが泣いた

気が付くと私は
独りあなたを探していた
体からこぼれる 熱は行き場さえ失くし

目隠しで彷徨う

狂おしく 狂おしく
うねりのまれて

残酷に 残酷に
道は終わった

三つ編みなびけば
数えた月日

片腕をもがれた
空は傷口を開けたまま
虫の音はかかとで そっと真赤な息を吐いた

音もなく 滲む星

幼い家族を
まぶたに焼いて

気が付くと私は
独りあなたを探していた
体からこぼれる 熱は行き場さえ失くし

片腕をもがれた
空は傷口を開けたまま
虫の音はかかとで そっと真赤な息を吐いた

音もなく 滲む星
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢路 歌手:Cocco

Coccoの新着情報

  • 花爛 / ♪どこかにいれば会えるはず
  • 2.24 / ♪歪輩賄さようなら
  • 夕月 / ♪駅から少し走って君を探す
  • Gracy Grapes / ♪Pouring yourself a glass
  • くちづけ / ♪はなむけに呉れてやろう

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP