人を恋うる唄

この曲の表示回数 18,504
歌手:

森進一


作詞:

たかたかし


作曲:

岡千秋


露地にこぼれた 酒場の灯り
しみてせつない 放浪れ唄
おまえがそこにいるならば
リラの花咲く町もいい
汽笛きこえる 港もいい

夜にはぐれて ふりむきゃ俺も
酒のにがさが わかる歳
おまえがそこにいるならば
肌をあたため眠ろうか
明日の夢でも 語ろうか

北へ行こうか それとも西へ
風が背中を 吹きぬける
おまえがそこにいるならば
二度とこの愛 はなさない
俺の旅路に 目もさそう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:人を恋うる唄 歌手:森進一

森進一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-06-28
商品番号:VICL-40137
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP