試聴する

Answer

この曲の表示回数 8,997
歌手:


作詞:

WaT


作曲:

小池徹平


風笑い空歌う そんな季節がもうすぐそこに
立ち止まること忘れていた僕もなぜか足を止めて
ふり返ればささやかなやさしさとか
今思えばあの出会いあの言葉
背中合わせで僕を支えてくれてた
もしかしたらそれは立場とか立前とか
僕に分からないような事なのかも
それまでも僕はきっといくつものシガラミに
包まれて守られて生きている
ありがとう…

陽だまりに腰掛けて 穏やかな空見上げて思う
きっと誰もが心の隅で思い出にすがっていて
未来だとか希望だとか歌っても
空回りして伝わらないのはどうして?
僕らはきっと記憶の海の上で
思い出の海原にユラユラと浮かびながら
生きるたび少しずつ深くなって
たまに海の底まで記憶を探しに沈んで
そしてまた海の上を漂ってる
いつまでも…

気が付けばいつの間に深くなる記憶の海で
僕だけに正解のこたえ探し
これからのことなんてどうにでも変えられるさ
風はいつでも僕を導いてる
晴れの日も雨の日も見上げれば空はそこに
その手その温もり絶やさぬよう
思い出の海原にユラユラと浮かびながら
生きるたび少しずつ深くなって
どこまでも…
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Answer 歌手:WaT

WaTの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-03-01
商品番号:UMCK-1202
ユニバーサルミュージック

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP