試聴する

ポンキ

この曲の表示回数 13,598
歌手:


作詞:

安藤裕子


作曲:

安藤裕子


いつも待ちわびた 柔らかな肌遠い
古い夏の日を 誘え風の匂い

一人でも飛べないのに 逝けるかな?
君がもう居ないのに
僕が此処で叫ぶだけじゃ 陽は陰り 空は冷えて

ねえ触れて 僕の胸に今だけ
願いは馬鹿げた夢?
初めから消える約束と言ってくれたら僕は立てるのに

晴れた空 この身を焦がして

愛は夢見がち
これじゃ足らない君は
僕を追い越して あの子めがけて走る

此処でなら優しい日が綴れると言う僕を笑ってよ
今も此処で願うだけの青空は雨も知らない

さあ行って
あの日言った約束 信じてなどいるはずはないよ
眩むような景色を忘れたら きっとゆっくり僕は眠られる

ねえ触れて 僕の胸に
刻んだ未来は甘いウソで
初めから消える約束と言ってくれたら僕は歩き出す

晴れた空 この目を閉ざして
青空よ 闇を認めて
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ポンキ 歌手:安藤裕子

安藤裕子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-01-25
商品番号:CTCR-14454
エイベックス・マーケティング

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP