試聴する

黒いシミ

この曲の表示回数 11,256
歌手:


作詞:

スガシカオ


作曲:

スガシカオ


黒いシミみたいに
油がしみこんだ路地で
君を抱きしめる
河のすえた臭いが
T-シャツにこびりついてやしないかな…

君がずっと顔に ハンカチあててる理由は
ぼくの街や河の臭いが たまらないわけではなくて
たぶん 春の花粉のせい

黒いシミのように
ぼんやりとぼくらの心は
いつもくすんでいた
大切なことさえ
誰かに言われないと気づかない

去年と同じ ヒザのぬけたパチもののジーンズ
君が一人だけで 先に大人になってしまうのかな
たぶん 春の風とともに

ぼくらの毎日はすこしずつ 河の流れのように
何も変わらないようでいて本当はすごいスピードで
変わってしまう…

ぼくの足がからんで 道に倒れるまで走ったら
この街の向こうへ 自由へ 君を連れて行けるかな
たぶん 春の夢のように
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:黒いシミ 歌手:スガシカオ

スガシカオの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-05-12
商品番号:AUCK-19002
BMG JAPAN

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP