最終列車

この曲の表示回数 31,001
歌手:

MUCC


作詞:

達瑯


作曲:

ミヤ


噎せ返る午後の日差しを 避けるように僕等は歩いた
人ゴミに紛れた交差点 逸れぬよう裾をつかむ君

僕達は正反対で磁石のように魅かれあっていた
気が付けば君に依存してばかりで
いつの間にかダメになってたよ

風は色付いてめぐりめぐる季節の中で
僕は何かを見失ってしまったから

星月夜空に走り出す最終列車
小さなカバン一つだけ抱えて乗り込んだ僕
さよなら さよなら 列車は星をすり抜ける
あなたの眠る街並を背に 遠ざかる僕をのせて

長い時間を旅して迷子になっただけさ
さあ、ぬけだそう。二人の出口はきっと違うけど

最終列車は街を抜け夜の帳へと
離れてく街並眺め、心臓が声をあげ泣いた
僕等は 僕等は どこから間違ってたのかな?
互いを傷付ける為だけに 僕等出逢ってしまった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:最終列車 歌手:MUCC

MUCCの新着情報

  • taboo / ♪回る扇風機乾く君の汗
  • My WORLD / ♪あの小さな部屋で夢を見ていた
  • アメリア / ♪ゲームは終わった最善の選択か
  • サイコ / ♪迫り来る闇に紛れ朦朧の実を
  • アイリス / ♪混沌と夢の中に消えた

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-10-19
商品番号:UPCI-5020
ユニバーサル シグマ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP