GOLD LYLIC 

修羅場

この曲の表示回数 220,642
歌手:


作詞:

椎名林檎


作曲:

椎名林檎


短夜半夏、嘘を眩むとぞ
疑うなんて浅ましいです

陽のもと認めたあの腕の白さまで
忘れたら‥凍えずに温まるのか
一層この侭通わないとて構わない

笠の雪の、自然が災ひや
黒ばむ前科に労働きます

揺れては末とあの夏の期待を責め
仰いだら‥灰色に誘う娑羅双樹
一層この侭繁らないとて厭わない

何方かに会えば記憶を奪取まれよう
喉を使えば貴方が零れ出で溢れよう

‥是以上識りたくなどない
一層この侭眠って居られたら好いのに
噫!貴方の首筋が
きっと現在はもう真っ白く透き徹って居る
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:修羅場 歌手:東京事変

東京事変の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-11-02
商品番号:TOCT-4936
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP