少年の詩

この曲の表示回数 8,808
歌手:

ZI÷KILL


作詞:

TUSK


作曲:

KEN・TUSK


行き場のない俺がいる
のたうちまわってるだけ
短い時だったと
身を投げ出そうともした
傷つき堕ちていくことに
嫌気がさしていたけど
どしゃぶりの雨に打たれることが
今はとても素敵に見える

独り言が多くなったと
誰かに肩をたたかれ
こんなに苦しい思い
俺だけと思い込んでた
わりといい奴と言われてるけど
悔しい思いも 悲しい夢も
わりといい男と言われてるけど
一度だって忘れたことはない

何が嘘で何が本当かなんて
そんなものは分からないけど
自分の持つこの足で歩かなきゃ
何も見えない
きっといい事あるさと 励みに
うずもれている俺がここにいる
どん底に堕ちていく この俺が見えるか
決してやさしい奴なんかじゃない

そっと目を開いて 俺の姿を見た時
情けなくて笑っている
そっと目を開いて 俺の姿を見た時
情けなくて泣いている
何も出来ずここにいたら
ただの男になっちまう
本気で愛して 自分を愛して
本気で何かやって…
情けない程 素敵に生きてゆきたい…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:少年の詩 歌手:ZI÷KILL

ZI÷KILLの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP