試聴する

酸化空

この曲の表示回数 21,523
歌手:

ACIDMAN


作詞:

オオキノブオ


作曲:

ACIDMAN


陸に上がるという事は必然で
又 仕方がなく
別に あのヒナギクの香りなど
求めてなくて

しかし何かが歪み一人が言った
「もっと上の方へ」
咽の破裂音にかまわず叫んだ
「もっと光を」

酸化空 低く 少しだけ気が滅入る
酸化空 近く 耳鳴りがこたえる
まだまだ響く

枯れた掌に映る光模様
かき寄せる腕もなく
それを高く上げ
苦笑いで冷めた体温に灯をつける

アカシアの下で滅ぶ獣達
後に咲く花もなく
そして空見上げ
そこに在る世界に問う

歳月は余りにも非情にも
僕を切り裂いて
昔日は時として皮肉にも
僕を色付けて

酸化空低く 少しだけ気が滅入る
酸化空近く 耳鳴りがこたえる

枯れた掌に映る光模様
かき寄せる腕もなく
それを高く上げ
苦笑いで冷めた体温に灯をつける

アカシアの下で滅ぶ獣達
後に咲く花もなく
そして空見上げ
そこに在る世界に問う

正しさに 正しさに 正しさに
正しさに 今 乱されそう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酸化空 歌手:ACIDMAN

ACIDMANの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-03-06
商品番号:ATL-2
ダイキ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP