時には娼婦のように

この曲の表示回数 49,078
歌手:

黒沢年男


作詞:

なかにし礼


作曲:

なかにし礼


時には娼婦のように 淫らな女になりな
真赤な口紅つけて 黒い靴下をはいて
大きく脚をひろげて 片眼をつぶってみせな
人さし指で手まねき 私を誘っておくれ
バカバカしい人生より
バカバカしいひとときが
うれしい ムームー ムームー
時には娼婦のように

たっぷり汗をながしな
愛する私のために
悲しむ私のために

時には娼婦のように 下品な女になりな
素敵と叫んでおくれ 大きな声を出しなよ
自分で乳房をつかみ 私に与えておくれ
まるで乳呑み児のように
むさぼりついてあげよう
バカバカしい人生より
バカバカしいひとときが
うれしい ムームー ムームー

時には娼婦のように
何度も求めておくれ
おまえの愛する彼が
疲れて眠りつくまで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:時には娼婦のように 歌手:黒沢年男

黒沢年男の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-10-24
商品番号:COCP-34540
コロムビアミュージックエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP