くぐりぬけた花水木

この曲の表示回数 11,000
歌手:


作詞:

小椋佳


作曲:

小椋佳


その花の道を来る人の
明るい顔の不思議さに
くぐりぬけてみる花水木

どことあてもない旅先で
そぞろ歩きの空と道
囲みつくした花水木

何故か君のことを
何故か君のことを 考えてます

あれ程疲れていた僕が
何か夢でも見たような
まどろむ光の花水木

立ちすくむ人の心には
押し花にした思い出が
よみがえり咲くか花水木

何故か君のことを
何故か君のことを 考えてます

そのあざやかさは何もかも
捨て去ってきたこの僕の
旅を見下す花水木

敷きつめた花のやさしさに
こんな場所なら君を今
すぐにも呼びたい花水木

何故か君のことを
何故か君のことを 考えてます

その花の道を来る人の
明るい顔の不思議さに
くぐりぬけてみた花水木
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:くぐりぬけた花水木 歌手:小椋佳

小椋佳の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-09-01
商品番号:POCH-1593
ポリドール

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP