心の襞(ひだ)

この曲の表示回数 16,162
歌手:


作詞:

小椋佳


作曲:

小椋佳


今日だけは涙を許して下さるでしょう
春の日の別れは思いもしないことです
サヨナラを言われても
あなたの前では まだ
泣き顔を気にしている私

まるで冬酸漿をかむように
あなた苦い言葉を押しつぶす
わたし心の襞を見つめれば
過ぎたあれこれが今かけめぐる

心の中に重なり合った想い出のかけら
どれもが皆んなあなたとのこと あなたとのこと

まるで蒼いビードロ吹くように
あなた別れの言葉投げかける
わたし心の襞(ひだ)を見つめれば
夕陽そこだけをまだてらしてる

心の中に重なり合った想い出のかけら
どれもが皆んなあなたとのこと あなたとのこと
心の襞のひとつひとつが あざやかすぎて
こらえ切れない涙 許して下さるでしょう
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:心の襞(ひだ) 歌手:小椋佳

小椋佳の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-06-26
商品番号:KTCR-1378
キティ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP