少年の最後の夏

この曲の表示回数 11,509
歌手:

荻野目洋子


作詞:

売野雅勇


作曲:

筒美京平


退屈が友だち…とうそぶいて
いつでもアウトロー気取っていたね

新聞の片隅に7行のニュースで
あの子の青春が終る

海沿いのカーブから
君のバイクが
あゝ夏に消えた

ねえ何を隠したかったの
街角に背を向けて
あゝ愛だけで救えないものが
哀しいけどあるね

第三京浜の立橋を渡るたび
涙が心に刺を刺すのよ

隊列(なかま)から脱ける日も
Vサイン夜空に突き立て見送っていたね

最後までひとりでは
哀しかったね
あゝごめんなさい…

淋しさ分ってあげたら
友だちでいられたの…?
あゝ座れない椅子がひとつだけ
青春にはあるね

ねえ誰に話したかったの
眼を閉じたその時に
あゝ座れない椅子がひとつだけ
青春にはあるね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:少年の最後の夏 歌手:荻野目洋子

荻野目洋子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995/07/05
商品番号:VICL-18209
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP