試聴する

ONE LIFE

この曲の表示回数 32,906
歌手:


作詞:

Sawao Yamanaka


作曲:

Sawao Yamanaka


青い芥子の花びらが 風もなく揺れてたら
僕のタメ息のせいだ 憶えてないけど きっとそうさ

日常の闇にくるまり 自由に縛られて
キミと夢を見た眩しさで
自分の顔 まともに覗けなくなった

汚れた僕の鏡で 写せるたった一つの
偽者じゃない光 キミは僕の光

ねじれた鎧を脱いで 旅に出た蝸牛
雨にその身を打たれて すり減るけど 戻らないぜ

街色の蜃気楼から また 吐き出された
やっぱりブカブカのつま先が
邪魔だからだよって ごまかしたいけど

どんな靴を履いてても 歩けば僕の足跡
立ち止まればそれまで 僕が終わる印

汚れた僕の鏡で 写せるたった一つの
偽者じゃない光 キミは僕の光

さわれないその記憶は いつか失くしてしまうだろう
形は残らなくても キミは僕の光

青い芥子の花びらが 風もなく揺れてたら
僕のタメ息のせいだ 憶えてないけど きっとそうさ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ONE LIFE 歌手:the pillows

the pillowsの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-02-21
商品番号:KICS-666
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP