Black And Blue

この曲の表示回数 6,637
歌手:

SPARKS GO GO


作詞:

八熊慎一


作曲:

八熊慎一


いきなり来た気分は最低
たまに大物の憂鬱を抱いて
ガムをかめば歯がうずく
涙がでるほど 頭が痛い
調子の良かったアンプが鳴らねえ
ガーガーうなって何にも言わねえ
小さな事が重なる気になる所へ
はまって行く Ah
最低に捕まって抜け出せない
がんじがらめの気分は
Black And Blue

部屋にいるのに 電話にゃでない
サボテンみたいに 二度と動かない
小さな事が重なる 気になる所へ
はまって行く Ah
最低に捕まって 抜け出せない
がんじがらめの気分は
体制にまかせて
居直るしか しょうがない
気分はBlack And Blue

最低に捕まって 体制にまかせて
なんで悩んで たいてい飲んで
暴れて転んで 沈んで終って
居直るしか しょうがない
気分は Black And Blue
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Black And Blue 歌手:SPARKS GO GO

SPARKS GO GOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-06-22
商品番号:ESCB-1491
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP