愛・さすらい

この曲の表示回数 26,102

男はただ一人 汽車を乗りかえて
湯の香せつない 街を行く
愛しちゃいけない 人故に
しあわせひとつも あげられず
あゝ傘もささずに 雨の中
あの人を想う

古びた宿帳に にじむ女文字
似てる名前が 胸にしむ
飲めないお酒に 酔いしれて
生きてく辛さを 忘れたい
あゝ部屋の 小さなさくら草
あの人が匂う

夕陽の海峡が 旅の終りなら
過去を沈めて 眠りたい
誰にも云えない 恋ごころ
背広に残るよ 移り香が
あゝ二度と逢えない 運命でも
あの人が欲しい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛・さすらい 歌手:増位山太志郎

増位山太志郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-01-25
商品番号:TKCA-30498
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP