群青色の記憶

この曲の表示回数 770

交差点 帰り道 昔住んでた家
ゴミ箱の中には新品のスニーカー

炎天下 坂道 誰かの三輪車
向かいのホームには通り過ぎた電車

狭い部屋 二人で居たような
違和感を覚え始めたのは何時で
来ないよね 嗚呼一人で又僕は今日を過ごす
明日もまた

世界は僕を切り離して
問いかける現実に目を背けて
耳を塞いで閉じこもったって
出来ない事は増えていくんでしょ

あくまでも不確かで香る煙草の匂い
隅っこの方に失くしたものがあった

この間した約束も蘇るように
又鮮明に映る鏡に疑問を抱き
僕は何をしている?
何処で何をしている?

世界は僕を置いていこうとする
彩りを付けて僕に見せる
急いで走って追いかけたんだ
群青色した空が泳ぐ

無数に広がる記憶の束
それを僕らは千切ろうとしてる
世界は僕らに目を向けて立ち止まってみる

世界は僕を置いていこうとして
追いかけていたのは君の方で
雨は止んでいてとても綺麗だった
明日はこの場所で待っているから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:群青色の記憶 歌手:climbgrow

climbgrowの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020-01-08
商品番号:NRSM-1010
Narisome Recoreds

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP