試聴する

身体

この曲の表示回数 966
歌手:

odol


作詞:

ミゾベリョウ


作曲:

森山公稀


今日も 小さな両手溢れて
大事なものをすぐに溢した
僕のこの目が霞んでいくとしても
何も変わらず君の目を見て話すよ
どんな温もりも肌を通せばぬるい気がした
いっそ身体はもういらなくなっていた

今夜も風に 声は流れて
きっと遠くには届かないから
まだ部屋の中なら聞こえているはずの
小さな音にそっと耳を澄ませたら
もしかしたらこのシャツの隙間
優しい気持ちがどこか隠れているんだ
今日もありがとうって
口にするたび古くなって
どうかその代わりにずっと残って
手を繋いだら離すときが来るけれど
あぁ温もりを身体が覚えている

明日の朝 目が覚めたら
いつも通り また身体運んで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:身体 歌手:odol

odolの新着情報

  • 眺め / ♪さようならいつかどこかでまた
  • POSE / ♪カロリー気にしながら昼食を
  • 光の中へ / ♪空気が冷たくなりはじめている
  • 人の海で / ♪夜は夜で昼間よりも安く
  • 発熱 / ♪薬が効いてまぶたが

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-11-13
商品番号:UKCD-1183H2
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP