試聴する

JIM ROCK

この曲の表示回数 6,716

泣いたり幸せだったり 心はいつも慌ただしく
いつだって誰かに見られてる
グラスで踊る濃いめのJIM BEAMで
弱気な深夜四時 自分を誤魔化す

時は流れ 人も街も変わり
人生が思う様に うまくいかなくたって

打ちのめされたって
立ち上がってゆくのさ!
つまり己を超えて逝くんだぜ Rock 'n' Roll

孤独にはもう随分と慣れた筈の俺なのに
夜の闇 今日も足宛いてる
暗闇の中を走るのは慣れた筈の俺なのに
今だって出口を探してる

時は流れ 人も街も変わり
人生が思う様に うまくいかなくたって

打ちのめされたって
立ち上がって進むのさ!
つまり己を超えて逝くんだぜ Rock 'n' Roll

打ちのめされたって
立ち上がって生きるのさ!
つまり己を超えて逝くんだぜ Rock 'n' Roll
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:JIM ROCK 歌手:清木場俊介

清木場俊介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP