試聴する

誰もが特別だった頃

この曲の表示回数 4,684
歌手:

GLAY


作詞:

TAKURO


作曲:

TAKURO


真冬の街並みに君は踊り出して
両手を冬空に捧げている
「悲しみはどこまで続いてゆくのだろう?」
侘しさに顔寄せて雪に聞いた

「やがて私たちは生き甲斐を見つけなきゃね」
なんて真面目顔で
なんて澄まし顔で
あの岐路を思い出すよ

根雪はまだ停車場に三月の春の陽は
別れの言葉を隠している
「僕たちは何の為 一緒にいるのだろう?」
問いかけはその後で傷になった

そして私たちは別々の道を歩く
泣かなくてもいい
止めなくてもいい
「人生はそんなものよ」と

誰もがスペシャル 渇きさえプレシャス
二度とない季節を共に生きた証のような歌があった
今もまだ君は誰も愛せないままか…

「そんな私は今 一人で生きると決めた」
きっとしたり顔で
きっと得意顔で
頷いてくれる筈ね

変わりゆくスペシャル 変わらないプレシャス
恥ずかしいセリフに彩りを与えられる唯一の時代が去った
そしてまだ僕たちは誤解し合ったまま

誰もがスペシャル 渇きさえプレシャス
二度とない時代を共に歩き誓いのような夢を見てた
今もまだ僕は誰も愛せないままで

Somebody to love
どうしようもない僕らは
Somebody to love
どうしようもない風に吹かれて
Somebody to love
どうしようもない未来に
Somebody to love
どうしようもない愛を希望を抱きしめ生きていた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:誰もが特別だった頃 歌手:GLAY

GLAYの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-10-02
商品番号:PCCN-38
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP