試聴する

陽だまりをつれて

この曲の表示回数 5,635
歌手:

米倉千尋


作詞:

米倉千尋


作曲:

米倉千尋


まだ白く残る雪 二人の足跡残しながら通った坂道
その駅に続く道 陽だまりの中で 夢見る瞳 眩しかった

古い文集 隣に並んだ つたない言葉 指でなぞってる
遠く離れても 逢えなくなっても こんなにそばにいる

あなたの声が聞こえてくる 一人ぼっちの夜
「このままの私でいい」と 「ありのままでいい」と

ただ想い出の場所へ帰りたくなった あの日みたいに笑いたかった

遅れないように はぐれないように 無理していつも強がってばかり
右上がりの文字 下手な似顔絵 泣き出しそうになる…

あなたの声が聞こえるから 明日もがんばれる
見失いそうな私を そっと支えてくれる

あなたの声が聞こえてくる 一人ぼっちの夜
「このままの私でいい」と 「ありのままでいい」と

あなたの声が聞こえるから 明日もがんばれる
見失いそうな私を そっと支えてくれる

その駅に続く道 陽だまりの中で 夢見る瞳 眩しいまま
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:陽だまりをつれて 歌手:米倉千尋

米倉千尋の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-01-30
商品番号:KICM-1045
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP