試聴する

Jet & Engine

この曲の表示回数 428
歌手:

ABNORMAL GALA


作詞:

赤松我紋


作曲:

赤松我紋


小さい頃は目に映る全てが
ファンタジーに染まって
流れた星追いかけながら
胸膨らませて
ジェットエンジン広い空の中に
翼広げ 自由になって
ずっと遠い水平線の先に
手を伸ばして 走るよ子供のままで

大きな山越えて海原
レインボー色、虹の橋
たそがれた鏡の伝言が
あ~か~く~し~ずむぅ~から~
ジェットエンジン広い空の中に
まだ居たくて 大人になっても
ずっと遠い水平線の先に
手を伸ばして いつか見ていたままだね

忘れちまうから俺は馬鹿だから
失ってから 大切な事だなって
やっと、やっと、気づけたんだ
ジェットコースター
止まってくれない時は
制御不能 そう前しか見れない
ずっと早く時間だけ遠くに
戻ってくれないからそばに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Jet & Engine 歌手:ABNORMAL GALA

ABNORMAL GALAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-09-04
商品番号:DLCR-19091
BUDDY RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP