試聴する

雪月花

この曲の表示回数 678

遅すぎた 春でした 苦い酒飲みほして
ふらふらと歩きます ぼんやり 冬の月

幸せが怖いほど 行先も見えぬほど
ああ せめてせめて この心を許して

この町を捨てて行け 未練をつれて
夏は去り秋過ぎて

雪降れよ 雪積もれ この心に
焦がれ狂う想い どうか 凍らせてよ

今宵、月 名残月
折り合えぬ過ち 照らさないで
明けるまえに 一人汽車で旅立ちます

道に鳴る鈴の音 あかぎれた手が拾う
今でも胸を刺す 無邪気なあの声

この町を捨ててゆけ 惜しみつれて
秋は去り冬が来て

雪降れよ 雪積もれ この心に
焦(じ)れた熱に浮かされて もう戻れない

今宵、月 未練月
折り合えぬ過ち 二度と会えぬ
蒼(あお)い恋に 別れを告げ 旅立ちます

照らさないで明けるまえに 一人汽車で旅立ちます
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪月花 歌手:城所葵

城所葵の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-08-21
商品番号:YZWG-5019
エイフォース・エンタテイメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP