試聴する

End of the world

この曲の表示回数 7,380

こんなに汚れた背中でも
ちゃんと押してくれると言った
貴方がここに生きてることが
今はただ嬉しい

その日は激しい雨で
気持ちにまで傘さえささずに
過ちだけを抱きしめながら
何処へだって歩いた

言葉なんて役に立たない
優しさなんて瞳には見えない
全てが罪でも愛してられると

こんなに汚れた背中でも
ちゃんと押してくれると言った
貴方がここに生きてることが
今はただ嬉しい

片道なら切符はあるけど
降りるはずの駅さえ見失って
こぼれただけの涙の数を
いつだって数えた

間違えたって不思議じゃない
飛び立てるような気がしてる
荷物は要らないと笑えるくらいに

こんなに震える身体でも
そっと支え続けてくれた
貴方を少し守れるならば
何だって賭けよう

こんなに汚れた背中でも
ちゃんと押してくれると言った
貴方とここに生きてることが
今はただ嬉しい

世界の終わりに答えるならば
僕は何も言えないでいよう
明日がずっと来なくても
ふたりでなら きっといける
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:End of the world 歌手:鬼束ちひろ

鬼束ちひろの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-03-27
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP