試聴する

2 Crows On The Rooftop

この曲の表示回数 2,098
歌手:

槇原敬之


作詞:

槇原敬之


作曲:

槇原敬之


この屋根に登ればいっぺんに見渡せる
明け方まもない僕らの暮らしている街
照れてずっとなんにもできずにいた僕の
手をとってぎゅっと握ってくれた君

少しずつ明るくなっていく空
こうして居られるのは星が瞬く間だけ

まだ起きてる誰かが
この屋根を見た時
二羽のカラスが羽根を休め
止まってると思うんだろう

もうじき冬が終われば僕らを隠す
長い長い夜は終わってしまう
カラスが太陽をこの街に連れてきて
夜尚明るい白夜の日々が始まる

向こうの大きな凍った湖に
突然音もなくオーロラが揺らめく頃

まだ起きてる誰かが
この屋根を見た時
二羽のカラスが羽根を休め
止まってると思うんだろう

こんな自分で生まれてくると
自分で決めたと思いたい
何か訳があると

まだ起きてる誰かが
この屋根を見た時
二羽のカラスが羽根を休め
止まってると思うんだろう

長い冬が明けるのを
望まない変わり者の
二羽のカラスが身を寄せて
止まってると思うんだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:2 Crows On The Rooftop 歌手:槇原敬之

槇原敬之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-02-13
商品番号:BUP-18
SMM itaku (music)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP