試聴する

to her

この曲の表示回数 1,386

雨が降った午後 傘も差さずに 歩く君の姿はきっと美しい
乗り遅れたバスを見送りながら 歩くはずのなかった道を歩いていく

浅い海の上の無人島達を
濡れた靴で一つずつ飛び越えていくうちに
いつの間にか皆 傘をたたんで 西の空を指差していた

雨上がりの夕焼けに照らされて わけもなく苦しくなった
ただ側に居てほしいんだ 今だけは

見知らぬ老人は杖をつきながら 僕の前をゆっくりと通り過ぎていった
たくさんの人々とすれ違いながら 彼らとは永遠に出会うことはない

君はどこから来たの どんな靴を履いて
誰と出会い 別れながら ここまで来たの
僕はどこから来たんだろう
そんなことを語るうちに いつの間にか眠ってしまおう

雨が降った午後 強い風が吹いて
落ち葉の行き先が変わっていくように
たくさんの人々とすれ違う中で
君に会えるような気がした

雨上がりの夕焼けに背を向けて わけもなく苦しくなった
ただ側に居て欲しいんだ 今だけは

雨はとうに止んで 太陽も沈んで ビルの窓に浮かび上がる薄闇と月
不意に誰かが言った また明日ねと
僕も帰ろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:to her 歌手:PELICAN FANCLUB

PELICAN FANCLUBの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-11-07
商品番号:KSCL-3109
KMU

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP