試聴する

Hull Down

この曲の表示回数 2,770
歌手:

Homecomings


作詞:

Yuki Fukutomi


作曲:

Homecomings


水平線 隠れている
春にしては暑すぎる日
陽だまりがぼやけて夢のようだ

ゆっくりとボートの上
わたしはただ空を見ている
夜になったら電話でもしようかな

壁紙のように意味のないことも
誰にでも降る魔法みたいだ

どこかへの旅に出た途中で
気づけば窓も開けっ放しだ
ことばの代わりをなくしたなら
さあ手紙を書かなきゃ
少し照れるな

遠くまで 昼間の車窓
スタンプカードを埋めるような
そんな喜びを伝えられたら

街並がふいに途切れた後で
1コマ目に戻るような

遠くに離れた君の日々が
今日は晴れたかな
そうだといいけど

穏やかな風がくすぐるから
さあ
君に会わなくちゃ
少し照れるな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Hull Down 歌手:Homecomings

Homecomingsの新着情報

  • Cakes / ♪優しいことは忘れないでいる
  • Moving Day Part1 / ♪新しい小さな部屋で君は寝転ぶ
  • Lighthouse Melodies / ♪航海の小舟が水面を揺らせば
  • Smoke / ♪忘れないようにここにずっと
  • Parks / ♪たとえばなんて言葉で始まる歌

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-10-24
商品番号:PECF-1162
felicity

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP