試聴する

ひとり

この曲の表示回数 66,159
歌手:

中島美嘉


作詞:

Satomi


作曲:

松本良喜


紅く染まる街で
影を舗道に
描いたふたりは
何処に行ったの?

そっと過ぎ去ってく
季節のなか
残された
僕だけ…

素直に
弱さを見せる
ことさえ
できずにいた
不器用な
愛だった

もう一度あのときの
ふたりに戻れるのならば
迷わずに君のこと
抱きしめ
離さない

黒く染まる夜は
膝を抱えて
君といた日を
思い返すよ

きっと幼すぎて
見えずにいた
愛と云う名の
意味

あのとき
胸に積もった
幾重の
想い出さえ
音もなく
溶けてゆく

もう一度あの夜に
いますぐ戻れるのならば
去ってゆく君の背を
抱きしめ
引きとめよう…

勝手なことだと
百も承知の上だよ
すぐじゃなくていい
僕はひとりで待ち続ける

君といた想い出に
寄り添いながら生きている
情けない僕だけど
今でも
忘れられない

もう一度あのときの
ふたりに戻れるのならば
迷わずに君のこと
抱きしめ
離さない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとり 歌手:中島美嘉

中島美嘉の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-03-09
商品番号:AICL-1605
ソニーミュージックエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP