試聴する

リアライズ

この曲の表示回数 15,568

帰り道見つけた石を蹴り続け家までいけるとそれで嬉しかった
暗くなるまで友達と曲がり角の公園で走り回っていた

将来何になりたい?って話になると何時だって僕は一人黙っていた
少し恥ずかしかったのと口にすればそれがスルリと逃げちゃう気がしていた

果てしない夢を胸にそっと隠して

あの時は持ちきれないほど膨大な思いがあった
数え切れない道が 空が宇宙が 待っていたはずなんだ
そうなんだ

身体は疲れきっていても眠れない夜には車で第三京浜を下っていく
羊を数える代わりに小さな頃の記憶を数え悶えていた

可能性を探る自分と特別になったアイツを比べるのももうやめた
追い越しは事故の元だとそれらしい理由(いいわけ)探して
踏み込むのをやめた

描いたものはこの道には落ちてない

あの時は見渡せないほど広大な世界があった
予測できない明日がその先の希望(ヒカリ)が 待っていたはずなんだ
そう信じていた

オレンジに染まっていく雲
増え始め時計を見るとすっかり今日が始まっていた
知らない街が朝陽に包まれていく

あの時から全てがこの場所まで繋がっていた
見たことない景色が そのオレンジが眼に焼き付いてく
想像していたよりも遥かな 空が宇宙が 広がっていく
僕が手にしたい未来は 僕が作る
さぁショウタイムの始まりだ

ここからなんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:リアライズ 歌手:スキマスイッチ

スキマスイッチの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018/03/14
商品番号:UMCA-10056
Universal Music =music=

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP