試聴する

MEMORIES

この曲の表示回数 7,682
歌手:

ACIDMAN


作詞:

大木伸夫


作曲:

大木伸夫


小さな光が大好きだった
小さな両手で抱きしめていたんだ

あの日の僕らは何も知らないまま
ただ笑っていた

いつからか僕らは複雑になった
あなたの声も信じられずに

今日も夜の街は 灯りが強くて
星すら見えない

遠くへ消えてゆく
僕らを超えてしまう
震えたままで 目を伏せてた
あの日の空が眩し過ぎて

どうして僕らは気付けなかったんだろう
求めたものは 初めからあったのに

あなたのその手の温かさを
まだ覚えているよ

通り過ぎてゆくだけの
小さな生命なのに
胸が痛いんだよ

失う事に慣れても
生きてゆくんだよ
生きてゆくんだよ

遠くへ消えてゆく
僕らを超えてしまう
震えたままで 目を伏せてた
あの日の空が眩し過ぎて

時は過ぎ去ってゆく
形を変えてしまう
震えたままで 目を瞑った
あの日の光が見えるまで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:MEMORIES 歌手:ACIDMAN

ACIDMANの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-13
商品番号:TYCT-60112
Universal Music =music=

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP