どんたく博多っ娘

この曲の表示回数 517
歌手:

梓夕子


作詞:

白井九州男


作曲:

弦哲也


防人(さきもり)の和歌(うた)にもかなし
筑紫路(つくしじ)の山すその道
たどりつく武蔵寺(ぶぞうじ)の門
庭いっぱいうすむらさきの
香(か)に匂う藤の花むしろ
ひとつまみたもとに入れて
ひとひらまいてはあなたを思い
ふたひらまいてはあなたに思われ
花うらないにゆらぐ恋
どんたく博多っ娘(はかたっこ)
どんどんどんたく博多っ娘(はかたっこ)

花の下(もと)ほほ寄せあえば
しのびこむ花びらひとつ
前髪のはしにまつわる
あれからもう三年すぎて
三(み)めぐりのどんたくまつりに
今日も立つあの日の庭に
ひとひらまいてはあなたに帰る
ふたひらまいてはあなたは帰らない
花うらないにゆらぐ恋
どんたく博多っ娘(はかたっこ)
どんどんどんたく博多っ娘(はかたっこ)
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:どんたく博多っ娘 歌手:梓夕子

梓夕子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-10-23
商品番号:TKCA-73988
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP