試聴する

感じるままに

この曲の表示回数 5,591
歌手:


作詞:

竹花いち子


作曲:

徳永英明


その気になれない君を
無理矢理 連れ出した夜
陽気な街角にまぎれて
笑顔を思い出そうよ

感じるままに 生きているから 二人
時々ぶつかるけれど

今は さよなら言いそうな
その唇をふさぐ
きっと 愛しているかぎり
傷つく はずはない

小さく抵抗しながら
この腕に 包まれていく
言葉は出しつくしたから
強く抱きしめるだけさ

あきれた顔で 睨みつける君と
このまま 歩き続ける

今は 涙は早すぎる
愛しはじめたばかり
いつも 小さな哀しみに
振りまわされるけど

今は さよなら言いそうな
その唇をふさぐ
きっと 愛しているかぎり
傷つく はずはない
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:感じるままに 歌手:徳永英明

徳永英明の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-02-27
商品番号:UMCK-1122
ユニバーサルJ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP