試聴する

jazzとHepburnと君と

この曲の表示回数 15,584
歌手:


作詞:

福山雅治


作曲:

福山雅治


自覚症状は実はあったんです
恋の病にかかっていたんです

ひどい失恋のおかげで
恋の抗体ならば持っていたのに

心にずっとマスクしてたのに

この症状の特効薬は
常識ですが「君の笑顔」です
さらに完治させる処方は
副作用が強い「あの言葉」でしょう

「僕はね、ずっと君が…」

君がよく聴くjazzも 君が憧れるHepburnも
君が付き合ってた彼氏のことも

知ってるつもりだけど 本当は何ひとつ君を知らない
だって僕は 今日も「ただの友達」だから

君の笑顔の理由に 君が流す涙の理由に
君が生きる理由に 僕はなれるかな

難しいjazzも聴いて 『ローマの休日』も観てみたよ
だって君は僕の 「特別すぎる友達」だから

考えすぎちゃって もう片思いでいいか
ダメだ じゃどうするんだ?

ごめん…。って言われる副作用ならもう覚悟します
「君がね、好き」
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:jazzとHepburnと君と 歌手:福山雅治

福山雅治の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-09-13
商品番号:POCS-20904
Universal Music =music=

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP