自分たちの恋に限って

この曲の表示回数 1,264
歌手:


作詞:

秋元康


作曲:

宮崎京一


モノレールが空にぶら下がるように
アール描(えが)き この街から出て行く
ドアのガラスに凭(もた)れている
君のシルエットが寂しそうだ

まさかこんな簡単に終わるなんて
本人でさえ 予想できなかったよ
いつもと同じ どうでもいい
言い合いだと思っていた

5分くらい 黙ってれば
台風は過ぎて行く
君は記憶を喪失したのか
普通になる

自分たちの恋に限って
そう 壊れはしないと思ってた
永遠に続くだろうと
根拠のない自信があったんだ
喧嘩をしたって
ひどいこと言ったって
それは一瞬のゲリラ豪雨
君がどんなに
愛に噛み付いても
僕は動じなかったのに…
なぜだろう?

黄昏ならやがて諦めるように
空と街の境界線を消し去る
ずっと交わることなどない
関係なんて無駄なだけだ

君は下ろしたてのそのサンダルが
歩きにくいと何度も足を止めた
デザインだけを気に入っても
そんな無理は続かないね

我慢なんかしなくたって
なるようになっただろう
星は事情を全く知らずに
輝き出す

自分たちの恋に限って
そう 事件はないって思ってた
平凡でつまらないのは
幸せだって誰かが言ってたよ
キスとかしたって
思い切り抱いたって
それも恋人のルーチンなのか
僕がこんなに
愛を理解しても
君はあっけないほど…
背を向けた

自分たちの恋に限って
そう 壊れはしないと思ってた
永遠に続くだろうと
根拠のない自信があったんだ
喧嘩をしたって
ひどいこと言ったって
それは一瞬のゲリラ豪雨
君がどんなに
愛に噛み付いても
僕は動じなかったのに…
なぜだろう?
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:自分たちの恋に限って 歌手:フューチャーガールズ(AKB48)

フューチャーガールズ(AKB48)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-08-30
商品番号:KIZM-501
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP