試聴する

簪 / かんざし

この曲の表示回数 6,039
歌手:


作詞:

桑田佳祐


作曲:

桑田佳祐


赤い雨の子守歌
しっぽり斬れた手のひら
一筋の流れ川の如く

遠い旅のみちづれに
まゆらに萌ゆる面影
悲しい恋は夢の中で実る

虚しい未練の風吹く都会(まち)では
これ以上泣いたら生きられぬ

薄く頬紅 影さして
恋のゲームを終わらせて
それが愛だと言うのなら
決してあなたの
邪魔をせぬように

鉛色の空の下
うんざり晴れた世の中
孤独を気取るうちに寂しくなったよ

肉体(からだ)が疼くほどに
ぽっかり空いたこの心(むね)
彩りが消えた部屋で独り言ちた

情に流され溺れてばかりじゃ
この世に生まれた甲斐もない

甘くジャズなど歌わずに
粋なブルースで踊らせて
まるで亡者の影のように
何処か遠くで
あたしを呼んでる

夢追い人たちは嘆き
儚い現実から身を投げた

薄く頬紅 影さして
どうかロマンス逢いに来て
それが愛だと言うのなら
いっそこのまま
ふたり堕ちてゆく

どうぞこの胸に

眠れ子守歌

Mmmm…
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:簪 / かんざし 歌手:桑田佳祐

桑田佳祐の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-08-23
商品番号:VICL-65000
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP