試聴する

海峡の宿

この曲の表示回数 123
歌手:


作詞:

吉田旺


作曲:

市川昭介


沖のいさり火 指さして
はしゃぐおまえの よこがおに
これが最後の 最後の旅と決めてきた
おとこ心が また揺(ゆ)らぐ
あゝ湯もや・湯の川 海峡の宿

ひとつ湯船に 躯(み)を浸(ひた)し
胸でごめんと つぶやけば
どうかしたのと 濡れた後(おく)れ毛(げ)かきあげて
みせる笑くぼの 愛しさよ
あゝ湯の香・湯の川 海峡の宿

俺の右腕 手枕に
ねむるおまえを 抱きよせりゃ
明日の別れを 罪の深さを責めるよに
風が夜通し 泣きじゃくる
あゝ霧笛・湯の川 海峡の宿
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海峡の宿 歌手:芦屋雁之助

芦屋雁之助の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP