舟宿にて…

この曲の表示回数 1,380
歌手:


作詞:

山田孝雄


作曲:

三島大輔


かもめになれたら いいだろな
飛んで行けるわ あの海へ
ねずみ色した 晩秋の
旅路の街に 雪が舞う
舟宿のストーブに張りついてのんだ濁り酒
酔う程恋しくて 廻す電話に
やさしく絡む 海鳴りが

女の口から 言えないわ
抱いていいわと 言えないわ
恋は傷跡 残しても
涙がそっと 消えてゆく
舟宿の番傘をかたむける港船が着く
あなたを探したら 雪のすだれに
あの日の顔が 見えますか

舟宿に逢いに来るかもめには後で伝えてね
かもめになれなくて 帰りましたと
お目目の赤い すずめより
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:舟宿にて… 歌手:島悦子

島悦子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-05-10
商品番号:CRCN-8053
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP