試聴する

のぞきからくり

この曲の表示回数 6,879
歌手:

山口百恵


作詞:

伊藤アキラ


作曲:

梅垣達志


あなたは愛だと言いながら
私に地獄を見せていた
私は闇と知りながら
まぶしすぎると目を伏せた
それが嘘でも真実(まこと)でも
夢を見たならそれでいい
どうせこの夜はだまし絵の
裏と表の見えかくれ
この世の名残り夜も名残り
夢の夢こそ哀れなれ

女はひとりと言いながら
人目を避ける裏通り
あなたの胸に影がある
のぞききれない淵がある
避けて通れる道ならば
避けて通ったはずだけど
どうせこの世はだまし絵の
奈落の底の色模様
心は北へ行く行くと
思いながらも身は南

この日が最後と思いつつ
月日を重ねて今日になる
あなたは最後の最後まで
私の愛をもてあそぶ
いっそあやつる手のままに
生命あずけてしまえたら
どうせこの世はだまし絵の
夢と現実うつつのあや錦
尽きせぬ哀れ尽きる道
心も空も夜の中
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:のぞきからくり 歌手:山口百恵

山口百恵の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-06-21
商品番号:SRCL-2626
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP