試聴する

コバルトブルー

この曲の表示回数 90,966
歌手:

THE BACK HORN


作詞:

菅波栄純


作曲:

THE BACK HORN


この夜が明ける頃 俺達は風になる
勿忘の花びらを
舞い上げて吹き抜ける

闇の沈黙(しじま)に十六夜(いざよい)の月
季節が黒く血を流してる
潮騒の音 抜け殻だけを残して

変わらないこの世界 くだらねえこの世界
そんな事誰だって
子供(ガキ)だって知ってるさ

だけど俺達泣く為だけに
産まれた訳じゃなかったはずさ
ただひたすらに生きた証を刻むよ 今

俺達は風の中で砕け散り一つになる
辿り着く場所も知らぬまま燃え尽きる

この夜が明けるまで酒を飲み笑い合う
俺達がいた事を死んだって忘れない

「めんどくせえなぁ 逃げちまおうか」
今更誰も口にはせずに
あどけないまま眠る横顔 震える胸

愛しさも淡い夢もこの空に溶ければいい
誰も皆コバルトブルーの風の中

さあ笑え 笑え
ほら夜が明ける 今

俺達は風の中で砕け散り一つになる
大げさに悲しまずにもう一度始まってく

俺達は…
俺達は風の中
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:コバルトブルー 歌手:THE BACK HORN

THE BACK HORNの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-09-22
商品番号:VICL-61709
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP