愚痴酒場

この曲の表示回数 5,709
歌手:


作詞:

前田信久


作曲:

高野朝寿


夜の銀座の 裏通り
灯るネオンに 人影浮かぶ
なぜか気の合う ママの店
酒のつまみは 俺の愚痴
惚れた女の あの言葉
意気地なしだよ 愚痴酒場

グラス片手に 頬杖で
酔えば今夜も あの顔浮かぶ
男ごころが 言えなくて
悔やんでみても もう遅い
呑んで忘れる 苦い酒
酔ったふりする 愚痴酒場

どこに行っても 同じよな
愚痴で花咲く 酒飲み仲間
寂しい気持ちは 皆同じ
他人の話も 聞かぬから
グラスの氷が 意見する
明日(あす)を夢見る 愚痴酒場
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愚痴酒場 歌手:林蔵之介

林蔵之介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-05-10
商品番号:TKCA-90960
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP