試聴する

紫陽花が咲く頃

この曲の表示回数 1,623
歌手:


作詞:

長谷川海


作曲:

長谷川海


濡れた前髪を分けて あーあ と呟いた 夕立が嗤う
晴れた空の向こう あーあ すぐそこで夏の匂いがする

壊れた電灯 閉まる商店街
開かずの踏切近く公園で
いつかの今日も 雨が降っていた
積み重ねた ただいま を消したのは
僕なのになあ

紫陽花が咲く頃 君の亡霊が 僕を呼んでいる
“会いたいな” この気持ちを君のせいにして

冴えた頭が余計な ことばっか 考えて止まない
降り続く6月の 雨 が止めば 忘れられたりしてさ

例えばいつかが来るとして
僕らはそれで幸せかな とか
君を案じるフリをして
僕らはそれが幸せだろ とか

かっこ悪くてため息が出る

紫陽花が咲く頃 君の亡霊を探して彷徨う
僕らのその続きは 夏に溶けてゆく

だから
紫陽花が咲く頃 君の亡霊が僕を呼んでいる
“会いたいな” この気持ちを君のせいにして
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:紫陽花が咲く頃 歌手:ドラマストア

ドラマストアの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-04-19
商品番号:MYHR-4
myh records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP