試聴する

或る恋文

この曲の表示回数 570
歌手:


作詞:

Daichi Tomizuka


作曲:

Daichi Tomizuka


拝啓、お元気ですか。
私はあなたに恋をしておりました。
あれは暑い夜のこと、あなたを引いて
歩いた夏祭りを思い出します。

細工飴を片手に少し俯いたあなたの手が
あんなに温かかったことを
なぜだか忘れられません

雨のような悲しみも太陽のような喜びも
風にのってあなたが連れてくる
それがたまらなく愛おしいのです

いつかあなたと座ったあの古い茶屋の
和菓子を覚えていますか?
雨が降ってくれたらいいのに。
あのころ私は何度そう願ったでしょう

少し大人びたあなたの手には
もう触れられなかったときに
そっとその手をひいて逃げ出せたら
いまもあなたの隣で笑えたでしょうか

頬を染めた夕の陽を蛙の歌う畦道を
今もまだあなたは好きだろうか
それすらもう聞けないから

朝は太陽になって夜は満月になって
風のようなあなたを照らし出す
そんな夢で眠りに就くのです
いつかあなたの手を握れる日まで。

稲穂の揺れるこの景色を
あなたもどこかで見ていますか
遠く同じ空の下で
今日もあなたを愛しています。
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:或る恋文 歌手:BOYS END SWING GIRL

BOYS END SWING GIRLの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-04-19
商品番号:VAA88-2
VAA/88Music

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP