京都二寧坂

この曲の表示回数 8,282
歌手:


作詞:

松井由利夫


作曲:

叶弦大


春も待たずに ほころぶ花に
そそぐ陽(ひ)だまり 石畳
この坂を 右へ折れれば 高台寺(こうだいじ)
恋の名残(なご)りを 愛(いと)しむように
鐘が鳴ります 京都二寧坂

肩に手を添え 転ばぬように
そんな優しい 気配りが
今更に 消えてはかない 夏すだれ
秋が色づく 清水寺(きよみずでら)に
夢が揺れます 京都二寧坂

何処(どこ)でどうして 躓(つまづ)いたのか
歩き慣れてる 坂なのに
ささめ雪 遠いおもかげ 抱きしめて
くぐる八坂(やさか)の 思い出鳥居
明るすぎます 京都二寧坂
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:京都二寧坂 歌手:増位山太志郎

増位山太志郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-04-19
商品番号:TECA-13754
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP