試聴する

わすれ花

この曲の表示回数 17,055
歌手:


作詞:

喜多條忠


作曲:

弦哲也


ひとりになった 淋しさは
たとえば冬の桜花
想い出だけが 風に鳴り
木枯らしに咲く わすれ花

やさしかったわ あなた
わたしのわがまま 笑ってきいて
強い人よね あなた
さよならの駅で わたしの首に
マフラー巻いて 抱きしめた人

ふるさと行きの 汽車の窓
いっしょに泣いてくれる雨
愛された日の ぬくもりが
流れて消える 町あかり

うれしかったの わたし
誰かと暮らせる 女じゃないと
決めていたのよ わたし
季節から外れ 咲く花のよう
どこかできっと 咲いてゆきたい

人は別れた時に
自分の本当の 姿が見える
ひとりぽっちに なって
あの人の良さを 数えあげてる
帰らぬ恋と 言い聞かせても
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:わすれ花 歌手:香西かおり

香西かおりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-04-19
商品番号:UPCY-5041
ユニバーサル ミュージック

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP