試聴する

海沿いの街

この曲の表示回数 1,960
歌手:


作詞:

渡辺大知


作曲:

岡本啓佑


長い坂を下れば ぼくたちのいた街が広がってる
心を熱く突き刺す 素晴らしい日々の青春

赤レンガ 高架下 古着屋の裏
海沿いの 欄干の 灯台の下で

懐かしい歌が 遠くから聴こえる

ぼくたちは目の前に続く 道を歩くことに必死だった
ずっとこの先も いつも そうやって生きてくのかなぁ

歩いてきた道がもし 遠回りだとしても
信じてきた道なら 間違いではないのだから

このまま 何度も 何度も進む
バカなほど がむしゃらに 涙枯れるまで

転がる石のようにぶつかってみるよ

ぼくらの恋は泥くさくて
ぼくらの愛は照れくさくて
ぼくらの夢は危なかしくて
ぼくらの夏はいつもあの日のまま

このまま 何度も 何度も進むよ
海沿いの 灯台にも また会いにいこう

時には立ち止まって 振り向いたりしながら

ぼくたちはどこまでも続く 道を歩いていくだけなのだろう
ずっとこの先も いつも そうやって生きていくのさ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海沿いの街 歌手:黒猫チェルシー

黒猫チェルシーの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-02-22
商品番号:SRCL-9322
SMR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP