SHIZUKU

この曲の表示回数 1,254
歌手:

冨永裕輔


作詞:

冨永裕輔


作曲:

冨永裕輔


雪解け水が春をはこんで
生命の息吹をかなでる やわらかな光
君のその瞳はまるで太陽
はじまりを期待するまなざしだね

愛しさの花籠抱えて 君を見つめていた
麦わら帽子の少女 胸に刻むよ

春になれば花が咲くように
夏の雲が白く気高いように
当たり前に明日へ続く時の中で
君のそばにいたい 君を愛し続けたい

月明かりだけが照らした部屋で
遠い未来の夢 語りあった夜

たえまなく降りそそいでいく雪のように
たゆむことないこの愛を 今、歌うよ

秋になれば実る穂のように
冬の空に夢を描くように
当たり前に明日へ続く時の中で
君のそばにいたい 君を愛し続けたい

生命が果て 風になって
空をのぼり 雨の雫になって
川を流れ やがて海にかえる日まで
君のそばにいたい

明日を願う今日があるように
僕の胸に歌が生まれるように
終わりのない明日へ続く時の中で
君のそばにいたい 君を愛し続けたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:SHIZUKU 歌手:冨永裕輔

冨永裕輔の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-08-08
商品番号:SKCR-2003

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP