この曲の表示回数 24,534
歌手:


作詞:

Miliyah


作曲:

Miliyah


静寂の日々は退屈で
ぼんやりと時間が過ぎてくだけ
絶え間なく感じる胸の痛み
全部夢だったのかもしれない

乾いた風にわたしは黄昏揺れて
ひとりでも寂しくないよ
だけど胸は痛かった
煙草の煙いつも横顔見とれた
隣にはいつもわたしがいた

いつまでも秘密だった
いつも希望さがしてた
君は幻 大切にしてくれたから
愛の痛み教えてくれた

周りがうるさく騒いでも
大切にしてくれてありがとう
現実は限りある愛だった
それでもほんとうの愛だった

いい子でいたくて 自由な君に合わせて
君色に染まること 君の一部になれたみたいだった
叶わないなら こんな気持ちになるなら
あの瞬間キスして欲しくなかった

いつの日もやさしかった
いつも理想求めてた
じゃあね さよなら わたしまだ子供だったよね
愛の意味もわかってなかった

いつまでも秘密だった
いつも希望さがしてた
君は幻 大切にしてくれたから
愛の痛み教えてくれた
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:幻 歌手:加藤ミリヤ

加藤ミリヤの新着情報

  • Let Me In / ♪夢のよう夢のよう何も要らない
  • 少女時代 / ♪セピア色の日々あの頃の私
  • MOON / ♪愛して夢中になっていつも
  • BE / ♪Gotta be me what I wanna be
  • Triangle / ♪今あなたに会いたくて

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-12-07
商品番号:SRCL-9190
SMR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP